Love your age
いつだって女性は、
“今”が一番美しい。

Hayasaka Kazuko
早坂 香須子さん

メイクアップアーティスト/ビューティーディレクター
看護師として大学病院に勤務した後、アシスタントを経てメイクアップアーティストとして独立。国内だけでなく、海外の女優やモデルからも支持を受ける。メイクの枠にとらわれず、インナービューティーやオーガニックプロダクトなど様々な視点から美を提案している。

前職はナースだったそうですね。なぜメイクアップの道に?
10代で看護師になろうと決めました。友人や周囲の影響もあり、親も安心すると思って。看護学校では国家資格を取るとか、卒業したら東京の病院に行きたいとか大きな目標もできて、がんばれたと思います。看護師時代は仕事に追われる毎日でしたね。それがいつの間にか、患者さんよりも次の業務のことばかり考えるようになってしまった。ある時、深夜のナースコールで患者さんに足をさすってほしいと言われ、だけど途中で「もういい、先輩と代わって」と。私は内心、「なんで?言われたとおりやってるのに!」と思いながら、先輩の姿を横目で。先輩は、ただ一心に手を動かし患者さんの足を黙々とさすり続けていました。私はといえば、頭の中では「朝までにこれやらなきゃ、あれやらなきゃ」と仕事でいっぱいで、患者さんの心に寄り添えていなかったんです。翌朝、その患者さんが亡くなられたと聞き、愕然としました。亡くなる間際というのは心も体も敏感になるもので、心ない私の手で触られた患者さんはどんな気持ちだっただろうと。そのとき、「私はここにいちゃいけない」と辞職を決意しました。今思えば看護師になるという、そもそもの目標を自分で決めたわけじゃなかった。ずっと、自分の中で目標をすり替えながら生きていたんです。
本当の目標は、どのように見つけたのですか。
看護師を辞めるときに、人は本当に好きなことをしていないと「相手のために」という気持ちになれないと思いました。では私は何が好きなの?と考えたとき、幼い頃に母親のメイクボックスで遊んだり、女の子の絵をパステル色で塗ったりするのが大好きだったことを思い出したのです。23歳からメイクの学校に通い、アシスタントを経て26歳で独立。でも全く仕事はなくて、バイトや派遣の仕事で生計を立てていましたね。辛くて、もう何度も辞めようと思いましたよ。アーティストって何の保証もない職業です。だからずっと続けていける女性は少なく、仕事がないと結局は実家に戻って家業を継いだり家庭に入ったり、みんな“それぞれの道”に戻っていくんです。でも私は、諦められなかった。メイクは23歳でやっと見つけた「本当に好きなこと」だったから。天職とはきっと、「好きでしょうがないこと」だと思います。だから私はメイクの仕事を諦めるよりも、自分が心から「好きだ」と思えることをしようと思った。毎週、メイクのアイデアを考え自主的に作品を作り始めました。するといつの間にか仕事が来るようになったのです。メイクだけで生活できるようになったのは独立してから6~7年後、30代に入っていました。

早坂さんにもそんな時代があったとは驚きです。その後は順調に?
それがそうでもなくて(笑)。今度は自分の理想と現実のギャップに悩むようになりました。ずっと海外のモード系メイクに憧れていたのに、私は日本人にメイクをしている・・・30代前半は悩み、もがき続けていました。私がやりたいのはこれじゃない、私が行きたい場所はここじゃないって。ところがあるとき、「自分は日本の女性を美しくすることが得意なのだ」と気づきました。だから女優さんからご指名をいただいたり、雑誌の表紙を飾らせてもらったりしているのだと。ようやく自分の仕事と人生が噛み合って、自分自身を肯定できるようになりました。
若い頃は、「メイクアップアーティスト・早坂香須子」になりたくて仕方なかったのに、40代になった今は、肩書きなんて何でもいいやって(笑)。世の女性たちと「こうすればキレイになれるよ!」「ここにこんなキレイがあるよ」ということをシェアできれば、それでいいと思えるようになりました。自分でも驚くのですが、そう思えるようなったことが人生の宝ですね。
早坂さんにとって、“ Love your age ”とは?
女性は、いつだって“今”が一番魅力的です。実際、私も40代になって「40代最高だな!」って思う。でも50代の友人たちの話を聞くと、「50代が最高なんだ」と(笑)。その年代ごとにいいところがあるから、そこに目を向けた方が絶対に人生は得!
私のモットーは、「いつも心に太陽を」。どんなときも笑顔を絶やさない母を見て育ったので、自分もそんな風に周囲にエネルギーを与える女性になりたい。もうひとつ、私の好きな言葉は、ジェーン=バーキンの“ Keep smiling - it takes 10 years off ! ”(笑顔を絶やさないこと。そうすれば10歳は若く見えるわ!)。笑顔は女性を美しく見せる最強の武器です。
私は、日本人の肌が世界一きれいだと思っています。だから、きちんと自分メンテナンスをして、隠すのではなく元々持っているものを活かすメイクをしてほしい。その点、すっと浸透して肌本来の透明感を呼び醒ますジェニフィックは、日本女性に寄り添う製品だと思います。そうやって内側から美しさがにじみ出るような肌づくりを、これからも発信していきたいですね。

美しく、自分らしく。
輝くような“今”を。
Love your age

女性のライフスタイルと年齢について。
20代はこう、30代はこう、40代はこうあるべき…。
そんな風に見られてしまうのは、どうして?

本当に大切なのは、年齢に縛られるのではなく、
自分の心の動くままに“今”を生きていくこと。
何かを始めるのに、
早すぎることも、遅すぎることもないのだから。 Love your age 一覧ページへ
ジェニフィック アドバンスト
(美容液)
若々しく輝く*1肌印象へ導く
発酵美容液。
*1 ツヤのこと
  • 30mL 10,000円(税抜)
  • 詳しく見る

    カートに入れる

  • 50mL 13,500円(税抜)
  • 詳しく見る

    カートに入れる

TOPページへ

↑ このページのTOPへ戻る

閉じる

正規品保証について

本ウェブサイトについて

お客様に安心してランコムの製品をご購入・ご使用いただくために、
本ウェブサイト(http://www.lancome.jp/)が
日本国内のランコムの公式オンライン ショップであり、
本ウェブサイトでご購入いただくすべての製品は
ランコムの正規品であることを保証致します。

ランコム公式オンライン ショップ及び
ランコム「店舗情報」ページに記載の店舗が運営しているオンラインショップ
(以下、「公式オンラインショップ」といいます。)で販売される製品は、
ランコムの正規品であるとともに、厳密なクオリティ管理、
保管及び輸送基準にもとづき輸入・販売されたものであることを保証致します。

尚、ランコム取り扱いの正規品に関しましては、日本限定処方の製品もございます。
インターネット等で販売されている海外からの輸入製品とパッケージが同一でも、処方が異なる場合がございます。

ランコムは、お客様が公式オンラインショップ以外でご購入された製品について、
クオリティや安全性、保管状況等については一切保証致しません。

お客様により安心してランコム製品をご購入・ご使用いただくために、
公式オンラインショップでのご購入をおすすめしております。