ファンデーションで完璧なルックを作る方法?ランコムのエキスパートによるメイクの秘訣をご覧ください。

ビューティーエキスパートがいつも聞かれる質問の1つが:自然に見せるには、どうやってファンデーションを塗ればいい?
beautymag article image

透け感のあるライトなカバーがお好みであっても、1日中メイクが持続し、自分の本当の肌のより美しいバージョンであるかのようなフルカバーがお好きでも、ファンデーションの塗り方については、エキスパートの全アイデアを伝えしていきます。ランコムは、ファンデーションの塗り方のコツや秘訣、ランコムのスキンケア & メイクアップのマエストロによるテクニックによって、皆さんの自然でオーセンティックな美を高めるエキスパート。プロのメイクアップアーティストのようにファンデーションを塗る方法を紹介します。

陰影を付ける

ファンデーションの塗り方の詳細の説明に入る前に、メイクアップアーティストがするように、正しい色合いを選ぶことが必要です。色が白すぎても、暗すぎても、明るすぎても、首やデコルテの色に対して自然には見えません。常に覚えておくこと:

肌色に近い2色を試してみましょう。

1分後、ファンデーションが乾くので、どちらの色が肌のトーンに完璧にマッチするか判断することができます。肌色に合っている方を選び、少量、肌の色が一番白い、首に近い部分にのせます。

ファンデーションは自然光で試しましょう。店舗やデパートにいる場合は、外に出てコンパクトミラーで色を確認します。

ライト カバー

自然な軽さと透け感のあるファンデーションのつけ方を探し求めているなら、まずは、どのくらいのカバーが必要か考えましょう。軽い、透け感のあるカバー力のフォーミュラを選び、控えめにコンシーラーを使います。秘訣は、コンシーラーは目の下のクマを修正し、シミをカバーするためのもので、顔全体には使わないこと。ファンデーションは肌色を均一にし、大きな毛穴を隠すものです。

軽く均一なカバーには、 ランコムミラククッションクッションファンデーションのシリーズの1つで、控えめな輝きを与えます。つけているのがほとんど分からないくらいの仕上がりで、ファンデーションをあまりつけたく内人にぴったり。例えば、 ランコム ミラク クッション など、クッションファンデーションは重ね塗りもできます。ですから、肌のコンディションが悪い日は、少し多めにつけることもできます。また、フレッシュで欠点のないルックを急いで手にしたい突然のデートの時にも便利!

パフはファンデーションをつけすぎないようための設計。そこでパフを使って、おでこから鼻、あご、そして頬(ふつう一番カバーが必要ない箇所)の順番で、やさしく肌全体に広げていきます。鼻の周囲と顎(毛穴が他よりも大きいことが多い箇所)にパフでファンデーションをたたき込み、必要な場合は指でなじませます。

beautymag article image

ミディアム カバー

ミディアム カバーのファンデーションの付け方について、ランコムの専門家は準備がすべてだと言っています。パリジェンヌのような美を作るには、ミセラー クレンジングウォーターから始めましょう。例えば、ランコムの ビファシル ヴィザージュクレンザー。肌は清潔だと思っていても、このクレンジングウォーターは常に肌に残ったメイクや汚れを取り除きます。クレンジングの後は保湿し、この機会に肌をマッサージしましょう。フェイシャルマッサージは、健康的な輝きを作り、肌表面をなめらかにします。つまり、ファンデーションがのりやすくなるのです。

次にミディアムカバーのリキッドファンデーションを選びましょう。例えば、 ランコムのタン ミラククリーミーなテクスチャーがミディアムカバーで超軽量感を生み出しています。ファンデーションブラシまたは指先を使って顔の中心から外側に向かって伸ばし、肌になじませます。ブラシのほうが指よりもファンデーションをよく定着させます(メイクの持ちがよくなります)が、フォーミュラを肌に届けたい場合は、指を使って重ね塗りをしましょう。メイクアップ アーティストは、最初に指先を使い、次に鼻、口、目の周りに気を配りながら、ファンデーションブラシでパッティングして広げます。

フルカバー

肌に赤みやシミ、色ムラがあり、フルカバーのファンデーションを使いたい場合は、美しく完璧なルックを実現するフルカバーのファンデーションの使い方のアドバイスをご覧ください。秘訣はファンデーションを重ねること。ランコムの ジェニフィック アドバンスト のようなセラムを塗ったあと、 タンイドル ウルトラ ウェアこのロングラスティング ファンデーションは、トレンドのマットな仕上がりで、ほどよい光を添えてくれます。

お望みの仕上がりを導くには、それにふさわしいブラシを選びましょう。フラットなファンデーションブラシは、フルカバーに仕上げます。ですから続いてこのブラシを使い、生え際、あごのラインをなじませます。指を使いたい場合は、人差し指でファンデーションを取り、必要な箇所にトントンとのせていきます。おでことチークには指全体を使ってファンデーションを広げ、均一なカバーを維持します。顎、鼻といった顔の細かい部分にどうやってファンデーションを塗っていくか迷ったら、指を使いましょう。指が最も軽いタッチで、ファンデーションをフレッシュでナチュラルに見せてくれます。

購入する

次の記事

リキッドファンデーションの使い方:よくあるファンデーションの間違いとそれを避ける方法は?
メイクアップ ストーリー

リキッドファンデーションの使い方:よくあるファンデーションの間違いとそれを避ける方法は? リキッドファンデーションの塗り方

ランコムの美のカリスマ、ジェルマン・モヤノがリキッドファンデーションの使い方の秘訣を教えてくれます。