数十年の時を経たリップグロス

現在、パリジェンヌはリップグロスに夢中です。最も薄付きのローズピンクから力強いオレンジトーンのレッドまで、勢いが衰える気配はありません。

光沢のある可愛らしいリップグロスに憧れているとしても、現代の流行ではないことはご存じでしょう。リップグロスを使ったルックは数十年前からあります。唇をふっくらと大きく見せ、同時に顔色を明るくし、目元を輝かせ、自信まで高めてくれる製品となると、それはリップグロスしかありません。

すべてが美しくなるアイテム。クールなリップグロスは歴史を根本から塗り替えました。ガーリッシュからパワフルまで、可愛らしいのからエレガントなのまで、この60年の間に、リップグロスが美しさの概念をどのように変化させてきたか見ていきましょう。

60年代および70年代

極めて現代的な進化として、オパークまたはフロストリップカラーのトレンドが、パリジェンヌのシックの典型でした。60年代に、ブリジット・バルドーやツイッギーなどのモデルが身に付けたペールピンクやヌードシェードのリップグロスは、その主張する目元とコントラストを成すものでした。常にブラックのアイライナーとマスカラが使われていました。アートにインスパイアされた美しさが人気となり、グロスなどの別のテクスチャーを組み合わせることで、お洒落な若いパリジェンヌたちは、古い世代の「クラシックな」メイクアップを打ち破りました。

70年代には、かすかなきらめきがルックの大半を占めるようになりました、パールがブラッシュからアイシャドー、もちろんリップグロスにも使われました。ディスコ時代に最適なリップグロスは光を反射するものでした。それらの60年代のヌードおよびピンクシェードは、真珠色の輝き、3Dヌードやブラウンに変化しました。パーティーが繰り広げられた時代は、すべてが贅沢で享楽的でした。

80年代

逆毛を立てて膨らませた髪、パワードレッシングとパラーリップの時代へようこそ!80年代、パリジェンヌは強いリップルックによって女性が自信を持つことができるエンパワーメント効果を取り入れました。ディープブラウンやレッドのシリアスなシェードが昼でも夜でも使われ、エレクトリックオレンジ、鮮やかなフクシア、ネオンピンクが氾濫していました。

80年代のパワーリップグロスのアップデートバージョンとして、ランコムの ラプソリュ シアー Rose Printempsをお試しください。これは、鮮やかでサテンのような柔らかさのある色合いを内包しており、春のパリの薔薇の色を表現しています。シアーテクスチャーとエレガントな光沢は、80年代のパリジェンヌのメイクアップに好んで使われる武器です。肩パッドはお好きにどうぞ!

beautymag article image
beautymag article image
beautymag article image
スライドショーをご覧ください
beautymag article image
beautymag article image
beautymag article image
1 / 3
2 / 3
3 / 3

90年代

リップグロスは90年代に真価を認められるようになりました。特に10代や20代には人気のトレンドとなりました。この10年間は振り返ってみると少々お勧めできないのですが、グロッシーな唇が全盛を極め、シュガーピンクのリップグロスにピンクのブラッシュとストレートヘアー、ダークなリップライナーにライトなリップグロスルックなどが人気となりました。

また、90年代には、お持ちのリップスティックのシェードの一番上に、クリアなリップグロスを重ねるということが見られるようになりました。90年代のその場限りのリップグロスのより洗練されたバージョンとして、持続力に優れたグロスリップスティックをお選びください。たとえば、ランコムのこのリキッドマットリップスティックは、着け心地が良く、長時間持続します。ベルベットのような仕上がりと濃い色が、ずっと輝き続ける美しさと洗練された魅力を必要とするデートに理想的です。

00年代

ミレニアムの幕開けとともに、クールなパリジェンヌはシアーなペールカラーのグロッシーで輝く唇を好むようになりました。同時に、「未来的な」トレンドが人気となりました。新しい革新的技術やテクノロジーがビューティー産業で開発され、リップスティックやリップグロスが着け心地が良いだけでなく、優れた発色と美しく際立つカラーで長時間持続するようになりました。現代のランコムの ラプソリュ ルージュ シアー は、鮮やかでありながら薄付きの質感、輝きのあるカラーによってあらゆる肌トーンに適したものになっています。

現在

少女や若い女性だけでなく、リップグロスはすべてのスタイリッシュなパリジェンヌが好む、メイクバッグに絶対に欠かせないアイテムです。ランコムのラプソリュ グロスは、リップグロスの力と光沢のある唇の魅力を最大限に引き出すことで、女性的で情熱的で大胆な、強さを持って生きる女性たちを祝福します。パリジェンヌがより良い人生を生きるための方針は、「ラ・ヴィ・アン・ローズ(薔薇色の人生)」です。これは、幸福を求め、あらゆる場所に美を求めるということです。ランコムの ラプソリュ グロス クリーム #132 Capriceでお祝いしましょう。この目くるめくローズレッドのシェードは、光を発し、魅惑的です。現代のパリジェンヌの美しさに最適です。

購入はこちら

ラプソリュ グロス

くちびるに3つの表情。とろめく色づき、濃密グロス。
女性を昇華する、洗練カラー誕生。

N/A(税込)

現在在庫切れ

ラプソリュ グロス

くちびるに3つの表情。とろめく色づき、濃密グロス。
女性を昇華する、洗練カラー誕生。

N/A(税込)

現在在庫切れ

リップグロス

ラプソリュ グロス

くちびるに3つの表情。とろめく色づき、濃密グロス。
女性を昇華する、洗練カラー誕生。
  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

  • 3,960円(税込)

次の記事

シアーからクリームへ:シーズンごとのランコムのベストリップグロス
メイクアップ ストーリー

シアーからクリームへ:シーズンごとのランコムのベストリップグロス 各シーズンのランコムのベストリップグロス

ランコムのメイクアップルックは1年の間にも進化しているため、シーズンが変わるごとにベストなランコムのリップグロスをどのように見つけたらいいのでしょうか?