「ムッシュビッグ」と「グランディオーズ」マスカラで、ボリュームのあるまつげを手に入れる方法

マスカラを選ぶ際、ボリュームアップは不可欠な要素です。ボリュームアップマスカラが「ビッグ」になって生まれ変わりました。まつげの魅力を最大限に引き出し、ボリュームのある印象的なまなざしを演出します。
beautymag article image

パート1:ランコムのボリュームマスカラ

多くの女性が自分のまつげに不満を持っており、ボリュームや光沢感、長さについての悩みを抱えています。理想のまつげを手に入れるには、どうすればよいでしょうか。答えは簡単です。ランコムのボリュームマスカラ ムシュービッグ をメイクアイテムに加えましょう。

パート2:まつげにボリュームを与え、華やかに見せるための4つの簡単な方法

まつげを完璧にセパレート まつげ一本一本をしっかりとコーティングし、毛と毛がくっつかないようにセパレートする必要があります。 ムシュービッグ ボリュームマスカラは、微細なワンドが細いまつげも正確に捉え、しなやかなワックスとポリマーでまつげに厚みとボリュームを与えます。

自然な長さとカールを出す ボリュームのあるまつげを作るには、カールと長さが不可欠です。ボリューム、カール、長さのすべてを叶える最適なマスカラが、ランコムの ムシュービッグ です。このスーパーハイテクマスカラは波状繊維を備えており、まつげ一本一本の動きに合わせて優しく包み込み、すばやく厚みを与えます。重ね塗りするたびにまつげをしっかりと上向きに伸ばし、目もとをぱっちり大きく仕上げます。

濃く艶やかな漆黒 ムシュービッグ マスカラの深い漆黒の発色が、つけまつげにも劣らないボリュームを与え、美しく印象的な目もとに導きます。

重ねて厚みを引き立てる マスカラを重ね塗りすることで、ボリューム効果を最大限に引き出します。 ムシュービッグ はにじまないので、理想の目もとに合わせて塗り方を自在に調節可能。ひと塗りで繊細な印象を演出したり、重ねてボリュームを引き出すことができます。

パート3:パリジェンヌのような非の打ち所のない、艶やかなボリュームのある目もとを手に入れるには?

パリジェンヌのような魅惑的なまつげを手に入れるためのマスカラの塗り方について、ワンポイントアドバイスをご紹介します。

やるべきこと ベースを整える

ランコムは、下準備の重要性を強く認識しています。マスカラベース シィル ブースター XL は、まつげを根元から毛先までしっかりコーティング。たっぷりのボリュームと長さを与えながらも、エレガントで洗練された仕上がりを実現します。長期にわたってまつげをダメージから保護し、優しくケアします。

やってはいけないこと アイライナーを使用しない

アイライナーはオーソドックスなテクニックですが、その効果は絶大です。印象的な目もとを演出するために、アイライナーを活用しましょう。 グランディオーズ アイライナー は、ドラマティックでスモーキーな目もとに仕上げます。

やるべきこと両手を使用する

鼻が邪魔で上手く塗れないなど、マスカラの使用に苦戦していませんか?両手を交互に活用することで、適切な角度からマスカラを塗ることができます(右目を塗るときは右手、左目を塗るときは左手を使用するなど)。 ムシュービッグ ボリュームマスカラは、波状繊維によってまつげ一本一本の動きに合わせることができ、あらゆる角度からまつげを確実に捉えます。

やってはいけないこと 不適切なブラシを使用する

あなたの好みのマスカラは何ですか?ナチュラルな仕上がりですか、それともボリュームや長さを優先しますか?繊維ですか、それともプラスチックのものですか?形状はストレート、または凸状のものですか?ご自身のニーズに最適なマスカラワンドはどれですか?例えば、エラストマーは、まつげをセパレートしてドールのようにぱっちりとした目もとを作るのに適しています。

やるべきことマスカラをジグザグに動かす

コツがいりますが、マスカラをジグザグに動かしながら塗ることでまつげ一本一本をしっかりとコーティングし、ボリューム効果を高めることができます。

やってはいけないこと ウォータープルーフを使用しない

ジムに行くときや涙を誘う映画を見るときなどは、 ムッシュービッグ ウォータープルーフ のような、にじまないウォータープルーフマスカラを使用すると安心です。

やるべきこと「ビファシル」を使用する

マスカラは敏感な目もとに使用するので、クレンジングの際には適切なリムーバーを選ぶ必要があります。ビファシル アイは2層式メイクアップリムーバーであり、溶けるような使用感でボリュームマスカラもすっきりオフします。

やってはいけないこと 目立たないまつげを見逃す

どんなに小さなまつげも、目もと全体の印象を大きく左右します。ボリュームマスカラを塗るときは、まつげ一本一本を捉え、隅々までコーティングしましょう。

パート4:「ムッシュビッグ」の使用方法:ステップバイステップ ガイド

ステップ1 - 根元から塗る

目尻から内側に向かってマスカラをジグザグに動かし、根元から毛先までしっかりと塗ります。

ステップ2 - 右目の場合

目尻から塗り始め、中央のまつげにワンドのカーブの凹部分が下になるように当て、押し上げるように動かすことで、扇のように広がるまつげを作ります。目頭のまつげは、カーブの凹部分が上になるようにワンドを当てて、まつげを伸ばすように持ち上げます。下まつげにもしっかりと塗り、ぱっちりと仕上げます。

ステップ3 - 左目の場合

右手を使用してマスカラを塗る場合、目尻と中央については前述と同じ方法でマスカラを塗ります。目頭については、ワンドを垂直に当てると、下から上に向かって塗りやすくなります。下まつげを塗る場合は、ワンドのカーブの凹部分が上になるように当てます。左手を使用する場合は、カーブの凹部分が下になるように当てて、扇を広げるように塗ります。中央と目頭、下まつげについては、ワンドのカーブの凹部分が上になるように持ち、まつげ一本一本をしっかりとコーティングします。

プロのような仕上がりを実現するには、目の位置に合わせて手首を回転させたり、位置を調節します。

ランコム独自の 成分配合により、ボリュームをなめらかに形成する ムシュービッグ マスカラは、その高いカールキープ力とボリューム効果により、ランコムのマスカラの中で最高評価を受けています。重ねることで溢れるほどのボリュームを生み出し、深い漆黒が印象的な目もとを演出します。ウォータープルーフバージョンもあり、長時間にじむことなく、ぱっちりとしたまつげを維持できます。理想のまつげを簡単に。ランコム史上最高のマスカラが遂に完成しました。

アイテムを見る

マスカラ

シィル ブースター トリプルケア

マスカラの効果をより効果的に引きだすトリートメント成分配合マスカラベース
  • 4,400円(税込)

次の記事

ランコムで最適なマスカラを見つける - タイプ別おすすめマスカラ
メイクアップ ストーリー

ランコムで最適なマスカラを見つける - タイプ別おすすめマスカラ ランコムで最適なマスカラを見つける

まつげにお悩みであれば、コーディネートに合わせて靴を変えるように、マスカラも変えてみませんか。