ビーチ vs シティ:太陽が照りつける夏、どうやって肌を守る?

ビーチでもシティの散策でも、ランコムのSPFスキンケア&メイクアップで、太陽の紫外線から肌を守る。
beautymag article image

ビーチでも、シティのテラスで楽しむランチでも、ちょっとした調整で自分に合った肌色をまとって。*

ビーチ

波の音、照りつける太陽、水の中の爽快感…自分自身を解放できる極上のリラックスタイムを存分に楽しむため、肌印象も気分も上々に。

リスク?強い日差し:老化を加速させ早期老化の原因となる肌ダメージ。それでも、SPF保護クリームを厚塗りしたベタつく肌をさらす必要はない。

ベストアイテム? なめらかな肌を守り、リフレッシュさせるスキンケアの特徴と、優れた日焼け止め効果を融合させた、ソレイユ ブロンザー SPF50 Bbクリーム 。黄金の輝きで、健康的な小麦肌へと導く。

シティ

夏のパリは、直接太陽の光が当たらないテラス席や公園の争奪戦。

リスク?大気汚染粒子と太陽の紫外線は、どちらも外側から肌にダメージを与える。この2つが組み合わされると、肌の酸化を促す可能性があり、シミの原因になることも。

ベストアイテム? クリーム。濃縮されたフォーミュラが、紫外線のUVAとUVBから肌をしっかり守る。老化現象を和らげるアマ種子エキス配合。

*保護性を最大限発揮するためにも、定期的な使用がおすすめ。

次の記事

3つのアイテムと3つのステップで、この夏マットな肌を手に入れて
Ô my skin

3つのアイテムと3つのステップで、この夏マットな肌を手に入れて 3つのステップで、この夏マットな肌を手に入れて

テカリのないマットな肌へと導く3つのランコムスキンケア&ビューティーアイテムで、煌めく夏の肌印象へ。