額のシワ対策:なめらかで生き生きとした肌を手に入れる方法

紫外線を避けたり、常に肌を保湿するなど、額のシワを防ぐ方法はたくさんあります。
beautymag article image

額のシワでお悩みですか?健康で、みずみずしくなめらかな肌を手に入れるには、肌に革命を起こすようなスキンケアを始める必要があります。この記事では、額のシワを防ぎ、ハリのある最高の肌を維持するためのアンチエイジング方法を7つご紹介します。

肌本来の美しさを認識する

あなたの肌は、ご自身が考えているよりもずっと美しいかもしれません。女性は鑑で自分の顔を見るとき、肌の欠点ばかりに気を取られがちです。額のシワであれ、眉間のシワであれ、目の下のクマであれ、これらの肌の悩みを気にしているのはあなた自身だけかもしれません。ありのままの自分の美しさを認識し、自信を持つことが、さらに美しくなるためのカギとなります。

引き締め効果のあるクリームを選び、額をスムーズに

自分に合ったスキンケアアイテムを選ぶことも大切ですが、その使用方法も重要です。フェイスマッサージは、疲れた目もとをほぐし、肌にツヤを与え、眉間や額のシワを取り除くことで、若々しい肌に導いてくれます。ランコム ビューティー インスティチュートが考案した、ファーミングクリームの効果的な使用方法をご紹介します。

1.ランコムの レネルジー M クリームなどの引き締め効果のあるクリームを手にとり、額のシワから顔全体にかけてやさしく伸ばします。

2.頬からこめかみ、顎から耳にかけて、下から上にリフトアップするようにマッサージします。

3.先ほどの引き締めクリームを少量とり、顎から首、鎖骨部分になじませます。

4.鎖骨とデコルテの中心から脇の下にかけて、クリームをなめらかになじませます。このマッサージを片手3回ずつ行います。

5.このマッサージを、顔の外側の下から上、顎(6回)、顎先、頬骨、目もと(両手を交互に使用して6回)の順番に、顔全体に行います。

6.最後に、引き締めクリームを指にとり、額の外側から内側、額の中央から眉頭にかけて、各3回ずつ縦線を描くようにマッサージします。

紫外線を避け、額のシワを予防

ご存知のとおり、シワができる主な原因の一つは紫外線です。シワの80%が紫外線による肌ダメージからくるものであり[1]、肌の老化を予防する一番の方法は、紫外線から肌を守ることです。皮膚科医の研究によると、紫外線による肌へのダメージは加齢とともに悪化し、肌ダメージが2%上昇すると、顔の肌の老化は3年進むことがわかっています[2]。[2]のようなマスカラが最適。

額のシワと小ジワを予防するための黄金ルールは、「ビアンフェ UV SPF 50+」のようなSPFの高い広域スペクトラムの日焼け止めを、毎日顔に塗布することです。

[1][1] 2013年に公開された調査 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3790843/

[2] http://www.drbarbarakubicka.co.uk/news- posts/is-sun-damage-inevitable/ [1] 2013年に公開された調査 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3790843/

枕カバーを清潔に保ち、小ジワや目もとのシワ対策を講じる

夜アイメイクを落とさずに眠ってしまうと、たとえその頻度が少なかったとしても、目もとの小ジワやシワの原因となります。ランコムでは、「たとえ夜遅くに帰宅し、次の日の早朝にプレゼンテーションがあったとしても、メイクは必ず落とす」をモットーとして提唱しています。フレッシュな輝く目もとで朝を迎えるには、次の簡単な2ステップを実践してください。

1.ランコムの ビファシル を使用してアイメイクを落とします。 このポイントメイクアップリムーバーはベタつかず、濃いウォータープルーフマスカラもひと拭きでするっと落とします。コットン2枚に適量を含ませ、目の上にのせて数秒おき、優しくふき取ります。目を擦らずに簡単にメイクを落とすことができ、敏感肌の方にもおすすめです。

2.次に、ランコムの ジェニフィック アドバンスト アイセラム ライトパール 目もと用美容液を塗布します。さらっとした質感で、輝くフレッシュな目もとへ導きます。しずく型アプリケーターを使用して、目もとの周りを内側から外側に向かって小さな円を描くように優しくマッサージし、目もとの疲れやたるみを緩和します。次に、アプリケーターをジグザグに動かして、小ジワや目尻のシワを伸ばします。

洗顔は例外なく必須条件

ある調査によると、都市部に居住している人の肌の早期老化の最大要因は、大気汚染であることがわかっています。[3]肌の老化を防ぐにはどうすればよいでしょうか?肌本来のバリア機能を引き出す洗顔料を使用して、日中の間に顔の皮膚に蓄積された不純物を除去しましょう。

ランコムの ミエルエンムース フォーミング クレンジング メイクアップリムーバーなど、香りのよい、低刺激で優しく洗い上げる洗顔料をおすすめします。顔が濡れていない状態で、2プッシュ分を顔全体になじませ、1分おきます。とろみのあるジェルが肌に溶けるように浸透し、テクスチャーがクリーミーな泡状に変化してメイクや汚れをしっかり吸着します。1分後に洗い流すことで肌を清潔で健やかな状態に整え、ツヤをもたらします。不純物:0 美しい肌:1

[3][3] 学術誌「Frontiers in Environmental Science」に掲載された調査、2014年5月 http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fenvs.2014.00011/full 「これらの高レベルの汚染物質に長期間にわたって繰り返し曝露すると、肌に深刻なダメージを与える恐れがあります。」

シワが真っ先に現れる目もとのケアを忘れずに

スキンケアにおいて、目もとを無視してはいけません。肌の老化サインが真っ先に現れる部分だからです。アイクリームは、敏感な目もとに優しい、効果的な成分が配合されています。ランコムの「ルジー」ラインは、 肌を引き締めてシワを最小限に抑えます。同じ効能を持つ レネルジー M アイクリーム目の下のたるみやシワを軽減し、クマの解消を促します。

肌をしっかりと保湿し、潤いのある肌へ

乾燥は肌の早期老化につながり、額や眉間のシワを悪化させる可能性があります。[4]上記のスキンケア方法を取り入れるとともに、体の内側から水分をしっかりと補給しましょう。朝起きたら、レモン汁を入れたお白湯を飲み、体の中をデトックスしましょう。一日中飲み物を手元におき、小まめに水分を補給しましょう。さらに肌を保湿するために、ランコムの レネルジー M クリームこれで、弾力感のあるみずみずしい肌はあなたのものです。

[4]http://www.dermalinstitute.com/uk/library/11_article_Structural_Changes_Associated_with_Aging_Skin.html

選択したアイテムを購入する

アイトリートメント

アイトリートメント

レネルジー M アイクリームG

ふっくらと引き締まったエレガントな目元へ。
  • 8,580円(税込)

ジェニフィック アドバンスト アイセラム ライトパール

忙しいからこそ、輝いてほしい。
1分間*1。若々しい印象のフレッシュな目もとへ。
  • 9,900円(税込)

現在在庫切れ

次の記事

疲れた目もとをリフレッシュ
Ô my skin

疲れた目もとをリフレッシュ

疲れた目もとをリフレッシュさせる、メイクアップの最強コンボ