肌の赤みの原因と効果的なスキンケア

肌のゆらぎと発赤は、よく見られる肌トラブルです。ランコムの科学担当取締役ヴェロニク・デルヴィーニュが、肌の赤みの原因とその対処法について解説します。
beautymag article image

短期間で解消するのであれば、肌の赤みも魅力的に見えます。例えば、ジョークで赤面したり、思春期の恋のときめきで頬を赤く染めたりするのは、微笑ましいことです。しかし、肌がいつも赤くなっているのであれば、話は変わってきます。数秒以上続く発赤は、敏感肌の典型的な症状の一つです。肌の赤みの原因は何でしょうか?ランコムの科学担当取締役ヴェロニク・デルヴィーニュに、敏感肌と赤みの原因と、その対処方法について話を伺いました。彼女が推奨するスキンケアと、赤みに効果的なランコムの美容液をご紹介します。

ランコム:肌の赤みが発生する原因は何でしょうか?

ヴェロニク・デルヴィーニュ:赤みは、肌がダメージを受けている証拠です。食生活の乱れや刺激の強い食べ物の摂取といった体の内側の問題や、大気汚染、気候変動、強力なスキンケア製品の使用などの外的要因が考えられます。発赤は、何らかの問題が発生しているという肌からの警告であると考えてください。

ランコム:赤みを軽減するための対処法はありますか?

ヴェロニク・デルヴィーニュ:肌のゆらぎや発赤に気づいたら、できるだけ早く夜の美容液を 「ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート」 に変えることをおすすめします。この美容液には、肌を鎮静化するプロバイオティクス由来成分と抗酸化物質が豊富に配合されています。

ランコム:ゆらぎ肌による赤みと、その他の原因による赤みを見分けるにはどうすればよいですか?

ヴェロニク・デルヴィーニュ:発赤が消えない場合は、速やかに皮膚科医に相談してください。酒さなどの皮膚疾患は、医師による治療が必要です。

ランコム:発赤以外のゆらぎ肌の症状を教えてください。

ヴェロニク・デルヴィーニュ:ゆらぎ肌は、必ずしも目に見える症状とは限りません。一見問題がなくても、肌に不快感を感じることがあります。かゆみなどの不快感が一日中続くこともあり、発赤だけでなく乾燥にもつながる場合があります。

ランコム:ゆらぎ肌や発赤は、どれくらいの頻度で発生しますか?

ヴェロニク・デルヴィーニュ:国や環境、生活習慣によって異なります。女性のおよそ55~60%が肌のゆらぎを経験しており、20~30%が肌の不快感や過敏な反応が見られる時期があると回答しています。ランコムは、「髪型が決まらない日」と同じようにゆらぎ肌は年齢や肌質に関係なくやってくると考えており、肌がゆらぐ時期を「肌が決まらない日」と呼んでいます。

ランコム:「肌が決まらない日」のゆらぎ肌に最適な対処法は何ですか?

ヴェロニク・デルヴィーニュ:過敏になっているゆらぎ肌には様々な原因が考えられるので、複数の方法を試してみる必要があります。刺激の強い食べ物を避けたり、十分な睡眠時間を確保したり、 ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート

ランコム:赤みをすばやくカバーするメイクのコツはありますか?

ヴェロニク・デルヴィーニュ:最も簡単な方法は、グリーンのコントロールカラーで赤みを中和させることです。 「タンイドル ウルトラ ウェア カラー コレクター」の「Green」がおすすめです。適量をとり、指でたたくように伸ばすか、細めのブラシでシミや赤みなどの気になる部分に塗布します。その後に通常のコンシーラーを重ねれば、グリーンの色味をカバーできます。まずファンデーションを顔全体に伸ばし、その後にグリーンとベージュのコンシーラーで赤みや気になる部分をカバーすることをおすすめします。コンシーラーの前にファンデーションを塗ることで自然な仕上がりになり、使用するアイテムもずっと少なくなります。これが、ランコムが推奨するメイクのコツです。

ゆらぎ肌ケアのワンポイントアドバイス

やるべきこと肌を鎮静化させるアイテムを使用する

肌が過敏になっていると感じたら、通常の美容液を一旦やめて、肌の炎症を鎮静化してくれる美容液に変えましょう。ランコムのおすすめは、 ジェニフィック アドバンスト センシティブ 肌がゆらいだ時の集中ケアとして、夜のスキンケアに28日間だけ取り入れてください。また、保湿力の高い 「イドラゼン アクアジェル」 は、モリンガエキスやローズエキス、ピオニーエキスが豊富に配合されており、肌を落ち着かせてくれます。

やってはいけないこと 香辛料を過剰に摂取する

刺激の強い食べ物は、肌に刺激を与えます。肌に赤みが発生しやすい場合は、胡椒などの香辛料やカレーは避けましょう。

やるべきこと熱を避ける

高温な環境は、肌の発赤や過敏性を悪化させる恐れがあります。顔の発赤を抑えるためにサウナや蒸気浴場の使用を避け、シャワーの温度を下げてください(熱いお湯は肌の脱水を引き起こすため、肌がゆらいでいる時期は特に注意が必要です)。

やってはいけないこと 過剰にピーリングをする

ピーリングは肌をフレッシュな状態に保ちますが、過度な使用は肌荒れを引き起こす恐れがあります。スクラブとピーリングの使用を週2~3回に制限し、レチノールのような刺激の強い成分を含むスキンケア製品の使用を控えましょう。

やるべきことスキンケア製品を冷やして使う

スキンケアによる鎮静効果を高めるコツは、スキンケア製品を冷蔵庫で保管することです。特に、保湿マスクやシートマスク、美容液、アイクリームを冷蔵庫で保管することをおすすめします。肌をすばやく落ち着かせ、ストレスによる負担を軽減してくれます。

詳しく見る

イドラゼン

イドラゼン アクアジェル

ジェルから水へはじけるテクスチャーですっきりとうるおう柔肌へ。 皮脂・ベタつきが気になる肌に
  • 4,730円(税込)

現在在庫切れ

ジェニフィック

ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート

発酵のチカラ。
ゆらいだ肌さえも輝く、「生」セラム。
  • 11,000円(税込)

次の記事

アンチエイジングセラムは、一年中必要?
Ô my skin

アンチエイジングセラムは、一年中必要? アンチエイジングセラムは、一年中必要?

肌は一年を通して常に変化します。季節ごとの肌のニーズに合わせてスキンケアを調整し、最適なアンチエイジングセラムを選ぶ方法をご紹介します。