美とアートの融合:ラヴィエベル ハピネス リミテッド エディション バイ レディ ピンク

美とアートの融合:ラヴィエベル ハピネス リミテッド エディション バイ レディ ピンク
beautymag article image

世界的に有名なグラフィティアーティストが、ランコムのアイコニックな女性用フレグランス「ラヴィエベル」を再解釈しました。

1970年代と80年代のグラフィティアートは、男性アーティストが主流でした。しかし、サンドラ・ファーブラ(別名「レディ・ピンク」)の登場によって状況は一変します。エクアドル出身で、現在はニューヨークを拠点に活動するグラフィティアーティストであるファーブラは、1979年に厚みのあるふっくらした筆致で地下鉄や外壁にアートを描き始めました。オレンジ色の太字で、自分の名前から「ジョン・レノン」の名前まで、ありとあらゆるものをアートに取り入れました。その後、大規模な壁画やストリートアートへと活動の幅を広げ、「First Lady of Graffiti(グラフィティのファーストレディー)」と呼ばれるようになります。2000年に制作された壁画「Brick Woman」や2004年の「Women Breeding Soldiers」をはじめ、彼女の作品は女性の権利、自由、エンパワーメント、平等をテーマにしています。ランコムの最もアイコニックなフレグランスの一つである ラヴィエベルの新たな世界観を生み出すのに、レディ・ピンク以上にふさわしいグラフィティアーティストはいませんでした。

こうして誕生したアイコニックな ラヴィエベル オー ドゥ パルファンは、ボトルにピンク色の太字でその名前がグラフィティアートとして刻まれ、自由の翼を表すフューシャカラーのボウがあしらわれています。幸福、女性らしさ、力強さを同時に、そして大胆に表現しており、化粧台に飾ったり、ひと吹きするだけで思わず微笑を与えてくれます。カラメルを想わせる甘いアイリス、オレンジブロッサム、ジャスミン、パチョリをブレンドさせた香りは、朝身に纏ったときから一日中余韻が残り、周りの人にも幸せをもたらします。こうして、人から人へと幸せの輪が広がっていくのです。

詳しく見る

次の記事

ラニュイ トレゾール ブーケ ダムール:絶対的な愛の宣言
発売中

ラニュイ トレゾール ブーケ ダムール:絶対的な愛の宣言 ラニュイ トレゾール ブーケ ダムールで愛を誓う

絶対的な愛の証。「宝物」を意味する「トレゾール」を名に冠したランコムの新しいブーケ ダムール オー ドゥ パルファン以外に、それを体現するものはありません。