ランコムについて ヒストリー

ランコムの歴史 The history of LANCOME 1935年 ブランド創設 ランコム創設者、アルマン・プティジャン ランコムは、1935年、フランス的なスタイルとセンスを世界中に広めるべく、フランス文化を深く愛するブランド創設者、アルマン・プティジャンによって 5つの香水とともに始まりました。名前の由来はフランスの「ランコム城」ランコムの名前の由来はフランス中部アンドル地方のヴァンドゥーブルにある城の名「LANCOSME(ランコム)」から。アルマン・プティジャンは、この無音の「S」を「」に代え、フランスを象徴する「LANCOME」をブランド名にしました。1935 アルマン・プティジャンによってランコム創設 ブリュッセル万博で5種の香水を発表 1956初代スキンケア製品「ニュートリックス」誕生1941世界30ヵ国にブランド展開欧州のトップブランドへ1942エコール ランコム設立1952ランコムを代表する名香「トレゾァ」誕生1965アプソリュ誕生1967初の携帯用マスカラ「ランコマティック」1978日本でのブランド展開を開始1983初の日本女性向け処方であるファンデーション「マキケーキ」誕生1988マスカラに革命をもたらした「ケラシル」誕生1994初のホワイトニングライン「プラン エクスペール」誕生2007美肌分子プロキシレン配合の最高峰シリーズ「アプソリュBx」誕生2009遺伝子研究から誕生した革新的美容液「ジェニフィック」登場2010ファンデーション「タン ミラク」誕生2011独自の先鋭分子「LR 2412」を配合した美容液「ヴィジョネア セラム」誕生2015重伝子美容液が進化「ジェニフィック アドバンスト」誕生2015ブランド創立80周年を迎える2018ランコムを代表するファンデーション「タンイドル ウルトラ ウェア」誕生
「ランコムは、1935年、フランス的な
スタイルとセンスを世界中に広めるべく、
フランス文化を深く愛するブランド創設者、
アルマン・プティジャンによって
5つの香水とともに始まりました。
ランコム アンスティテュ 1935年にパリ最古の美容サロンの一つである「ランコム アンスティテュ」をフォーブルサントノレ通り29番地に設立。80年以上にわたり、広範なノウハウを生かして独自のマッサージ テクニックを開発してきました。かつての「ランコム アンスティテュ」
ランコムの名前の由来は
フランス中部アンドル地方の
ヴァンドゥーブルにある城の名
「LANCOSME(ランコム)」から。
アルマン・プティジャンは、
この無音の「S」を「?」に代え、
フランスを象徴する「LANCOME」を
ブランド名にしました。
エコール ランコム 1942年、アルマン・プティジャンは「エコール ランコム」を設立。世界中にブランド価値とフランス文化の価値を広めるために、多くの女性たちをランコムの美容大使として少数精鋭で教育しました。世界に向けてはばたく美容部員たち
1935年にパリ最古の美容サロンの
一つである「ランコム アンスティテュ」を
フォーブルサントノレ通り29番地に設立。
80年以上にわたり、広範なノウハウを
生かして独自のマッサージ テクニックを
開発してきました。
ランコム ローズ 創設当初のランコムのエンブレムに ブランドを象徴する3つのモチーフが描かれていました 一つは香水を表す「バラ」、さらにスキンケアを表す「睡蓮」 そしてメイクアップを表す「天使」です 現在はブランドロゴは、「バラ」に集約されています プランド創設当初のエンブレ 1973年、「ランコム」というブランド名を冠するバラが誕生しました 約2万種の中から開発されたランコムを象徴するこのバラは 生命力が非常に強く、美しいフューシャピンクの大輪の花を咲かせます 最新のテクノロジーにより、ランコム ローズの植物細胞 「アプソリュレクストレ」に取り入れられています
1942年、アルマン・プティジャンは
「エコール ランコム」を設立。
世界中にブランド価値と
フランス文化の価値を広めるために、
多くの女性たちをランコムの美容大使として
少数精鋭で教育しました。
創設当初のランコムのエンブレムには
ブランドを象徴する3つの
モチーフが描かれていました。
一つは香水を表す「バラ」、
さらにスキンケアを表す「睡蓮」、
そしてメイクアップを表す「天使」です。
現在はブランドロゴは、
「バラ」に集約されています。
1973年、「ランコム」という
ブランド名を冠するバラが誕生しました。
約2万種の中から開発されたランコムを
象徴するこのバラは、生命力が非常に強く、
美しいフューシャピンクの
大輪の花を咲かせます。
お気に入りに追加済み
製品がお気に入りに追加されました。

お気に入り製品を見る